育毛剤のリデン(REDEN)が効果なし?口コミと効果を実証
f:id:hmbsupple:20170815164841p:plain

新育毛成分「リデンシル」

この「リデンシル」を3%以上も配合し、「髪を増やす」ことに特化した薬用育毛剤の「リデン(REDEN)」

「リデン(REDEN)」は、頭皮の細胞に直接働きかけるという、従来の養毛剤とは全く考え方の異なる新成分「リデンシル」を配合した画期的な育毛剤ということなのです。

しかもこの新成分「リデンシル」を業界初の3%も配合し、「医薬部外品」にも認定されたので、その効果はお墨付きといえるかもしれません。

このリデンシルは、毛包内にある「バルジ領域」に働きかけ、髪の成長を促すことができると言われています。

そして リデンシルを用いた実験では、「成長期毛髪成長の促進」と「脱毛の減少」という2つの働きが明らかになっています。

ところがこの「リデン(REDEN)」には「発毛効果がない」という噂が飛び交っているようです。

では実際に、この「リデン(REDEN)」には発毛効果がないのでしょうか?

調べてみますと、なんと「リデン(REDEN)」に発毛効果はありません。

実は「リデン(REDEN)」は「育毛剤」であって「発毛剤」ではない、ということなんですね。

つまりどういうことかと言いますと・・・、

「リデン(REDEN)」主成分であるリデンシルって「バルジ領域」に働きかけ、髪の成長を促すんですね。

下の図をご覧ください。

f:id:hmbsupple:20171020215906p:plain

このメカニズムから簡単に説明しますと、「リデン(REDEN)」で効果をだすためには、「毛母細胞が生きている必要がある」ということなんです。

「じゃあ、もう髪が生えていないところからは毛が生えてこないの?」

という疑問が湧きますね?

ところがそういうわけではないのです。

実は毛母細胞って、髪が生えてこなくなっていても、かなり長い時間生きている、と言われているんですよ。

例えば女性が脱毛サロンに行って、光脱毛をし、ムダ毛が生えなくなったな、と思っても、数年後に生えてきたりします。

それくらい毛母細胞って強いんです。

つまりしばらく髪が生えてこない頭皮で会っても、毛母細胞を刺激することでまた生えてくる、ということなんです。

ですから髪が生えてこなくなって10年も経つ、という方には「リデン(REDEN)」はあまりオススメできないかもしれません。

しかし、

・最近抜け毛が気になる。
・頭皮が透けて見えるようになってきた。
・おでこが広くなってきた気がする。
・頭頂部が薄くなってきてるんじゃない?と指摘された。

このような方にこそ効果を発揮するのが「リデン(REDEN)」だということができます。

「リデン(REDEN)」はたった84日間のモニター実験で、なんとそのモニターの方の71%までもが効果を実感しただけでなく、「自費で購入して継続したい」と答えたのです。

もしあなたが薄毛で悩んでいるなら、「リデン(REDEN)」を試してみてはいかがですか?

公式サイトで「リデン(REDEN)」を購入すると、割引価格で購入できるだけでなく、「永久返金保証」もついてくるのです。

凄い自信ですね。

もし効果が実感できなければ返品してお金も返してもらえるのですから、あなたはノーリスクで「リデン(REDEN)」を試すことができるのです。

ぜひこの機会に薄毛とサヨナラしてみてはいかがですか?

↓リデンを試してみるならこちらをクリック↓
REDEN(リデン) キャンペーン


育毛剤「リデン(REDEN)」の薄毛改善効果と口コミをご紹介!今なら23%OFFのキャンペーン中!?